骨格矯正

「肩が回りにくい」「腰がだるい」「首がパキパキ鳴る」

その原因は筋肉の硬さだけではなく、骨の動きも関係しています!

 

骨に歪みや動きの悪さが出ると、筋肉にも影響を及ぼします。

そして、硬くなった筋肉は骨の動きを悪くしてしまいます。

こういった悪循環が気づかない内に体ができあがってしまい、

動くと痛い、何もしていなくてもだるい、といった状態になるのです。

 

背骨は積み木のように重なっています。

それを支える土台となる「骨盤」に歪みがあると、柱となる背骨も

不安定になり歪みが生まれやすくなります。

足を組んでいたり、体重を乗せる足がいつも同じだったり、

日常のふとしたシーンで歪みやすくなるような体の使い方を

してしまっている方がほとんどです。